• 2018/11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019/01

アンの青春

【2009/02/27 20:36】 vivicam5050 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)




わけわからない写真。

これは足。

なんだか好き。


vivicam5050

ビビットモード 



************************


最近もりもり読んでいます!
ビバ現実逃避☆


読書感想文

「アンの青春」 著 L.M.モンゴメリー 訳 掛川恭子 講談社文庫


今まで赤毛のアンどまりだったのですが、ついにアンシリーズに手を出しました。


先々週、京都に行った時に、半一人旅状態だったので朝ごはんをカフェで食べながら読書しようと買ったのです。



アンの少女時代の終わりの物語。


最後の最後のあたり、一気にアンが大人になっていくところがすごくきれいな言葉で、なんだかとても心地よかったです。
本当にその文章どおりかはおいておいて(笑)私はこの一節の響きが澄んでいてきれいなので大好きになってしまいました。

〜引用開始〜

多分、ロマンスというものは、立派な騎士が馬で乗りつけてくるように、鳴り物入りで華々しく人生に登場するものではないのだろう。
古い友人が寄り添っていてくれるように、ひそかに忍び寄ってくるものなのだろう。
多分、一見したところは散文でしかないものが、なにかの折にそのページに光が当たったとたんに、詩や音楽に変わるような、そういうものなのだろう。
多分、多分、芯が金色に輝くバラの花が、緑のつぼみから生まれるように、恋も美しい友情から、自然に花開くものなのだろう。

〜引用終わり〜



ロマンスて(笑)
なんやらちょっと恥ずかしい表現です。
私の人生にゃロマンスなんて言葉に当てはまることは、あんまり…無いですが…^^;

でもこういう言い回しはすきです。


アンのいう「想像の広がる余地」があるからかもしれません。

あー、つぎは「アンの愛情」か!
アンの気付いたばかりの恋がどうなるのか、楽しみです★

でも他の本も読みたいな…^^;

_____________________________

気分転換にこんなサイトを見つけました。


血液型別性格判断



お遊びとは分かっていても自分の所を見ると…基本性格が当たってるような…!

あー、素直になるのってむずかしーい。


でもAB型女性の性格なら仕方ないか(←といって逃げる笑) 【2009/02/27 20:36】 vivicam5050 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
top>>

【 大笑い 】

血液型別・・・
当たってる×2。と、思う事が多数有りましたよ。
読みながら、笑ってしまった(大笑)

【2009/03/03 22:16】 URL | Weed [ 編集]
top>>

【 】

お遊びだとは分かっていても、なんだか当たってる!って気持ちになりますよね(笑)
結構こまかいジャンルで分けてあるのも楽しめますよね^^
他にもいろいろ見てみたくなりますよね〜♪

【2009/03/06 22:12】 URL | fujiko [ 編集]
top>>
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL



top>>
| BLOG TOP |